借金返済に困ったら

melodyflag48 / 2017年11月13日

お金は借りたら利息をつけて返済するのが大原則です。しかし、あまりにも借金の額が大きくなり過ぎて、利息の支払だけで精一杯というように、当人の返済能力を超えてしまった場合は、借金を整理する必要があります。借金の整理方法には色々ありますが、最後の手段が自己破産です。自己破産が認められれば負っていた借金をゼロにすることも可能ですが、保証人に迷惑がかかったり、自分の持っていた財産を整理されたりと様々な不利益があります。

また、その後数年間はカードローンやサラ金などを利用できないといった制約もありますから慎重に検討するべきです。自己破産を選択するかどうかの目安は、だいたい5年くらいで借金返済が可能かどうかです。どう頑張っても返済にそれ以上の期間がかかるようであれば、自己破産の選択もありです。自己破産以外にも借金整理の方法はあります。よく使われる手法に任意整理があります。これは、債務者が債権者と話し合いをして、借金返済の計画を立てるというものです。

場合によっては借金を一部免除してもらったり、利息を下げてもらっりして返済の目処をつけていきます。しかし債務者本人がサラ金業者などと直接交渉しようとしても、まずまともに交渉に応じてはもらえません。そこで弁護士や司法書士に任意整理を依頼することになります。弁護士や司法書士を仲介させれば、業者側も交渉に応じざるを得ません。信頼できる弁護士や司法書士が身近にいない場合は、近くの弁護士会や司法書士会に相談すれば紹介してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です