借金返済を短縮化するメリットとは

melodyflag48 / 2017年11月15日

借金返済は期間が長いよりは短いほうが絶対にお得なので、1日単位で短期返済するようにプランを立てましょう。
例えば返済期間が1ヶ月と2ヶ月では、期間に比例して利息も2倍になってしまうのです。
キャッシングを例にしても、借りた日数分の利息が発生するため、返済日を前倒しして完済したほうが返済額は少なくなります。
女性は借金返済が短くなる傾向がありますが、これは短期返済するほど利息が減ることを知っているからです。

借金返済を短縮化するためには、毎月の返済額をどうにかして増やしていく必要があります。
家計を見直して無駄を洗い出し、節約をしていくことも必要となりますが、ローン口座を預金口座代わりに使用するという手もあります。
キャッシングなどのローンは、利用枠がどれほど大きくてもそれだけでは利息は発生しません。
借り入れをしてはじめて利息が発生する仕組みであり、使う予定のないお金があるならローン口座に入れておいたほうがいいわけです。
ただ、貸金業者の事情によってローンの限度枠を下げられる可能性がありますから、使い予定のあるお金は預金口座に入れておくのが安全です。

ローンは借りる金額が少ないほど、短期返済が楽になりますから、契約時に無理をして多く借りないようにしましょう。
無難に返済できる金額は年収の1~2割と言われているので、この範囲を超えないように工夫します。
コツコツと追加返済をしていくことも短期返済に効果的なので、毎月の余ったお小遣いは返済に充てるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です